PRODUCTS

商品情報

整地道路機械
  • 振動ローラ

  • SW502-1・SW652-1
  • NETIS登録番号:HK-110007-VE(SW502-1・SW652-1)

あらゆる締固め作業で活躍する振動タンデムローラ。

整地道路機械_振動ローラ_SW502-1

大~中規模舗装工事のあらゆる締固め作業で、現場に合せた振動モードを選択できるタンデム振動ローラ。超低騒音化技術を投入しNETISに登録されています(SW502-1)。

特徴

整地道路機械_振動ローラ_SW502-1

施工品質を向上(SW502-1)。

・現場に合わせた先導モードを選択できる振幅切換機構を採用。高低2段の振幅切換えが可能です。最大起振力で34.3kN(3,500kgf)を発揮し、締固め効果を向上させます。
・ロール際の視界性が良いロールオーバーハング(125mm)、構造物沿いの転圧作業が容易なサイド/カーブクリアランス(45mm/635mm)および不陸地でも転圧が容易な最低地上高(280mm)を採用しています。

整地道路機械_振動ローラ_SW502-1

エンジン始動時の安全性を確保(SW502-1)。

前後進レバーが中立時のみエンジンが始動するインターロック機構を標準装備しています。
※前後進レバーには、振動切換スイッチが標準装備されています。

整地道路機械_振動ローラ_SW502-1

3系統ブレーキシステムを標準装備。

通常の作業時は前後進レバーで油圧ダイナミックブレーキが作動します。緊急時は油圧ダイナミックブレーキとネガティブブレーキが同時に作動します。また、フットブレーキを踏むと前後進レバーが中立位置に戻るように連動します。

整地道路機械_振動ローラ_SW502-1

欧州安全視界基準1×1をクリア。

運転席から車輌端部より前後1mの地点で高さ1m以下を目視確認できます。
※SW502-1の後方視界は、車輌端部より約60cmの位置が確認できます。

仕様

クラス 4t 6t
型式 SW502-1 SW652-1
メーカー サカイ サカイ
運転質量(kg) 4,090 7,100
機械質量(kg) 3,780 6,500
質量配分 運転質量F/R(kg) 2,000/2,090 3,450/3,650
機械質量F/R(kg) - -
線圧 運転質量F/R(N/cm)[kgf/cm] 355[36.2]/361[36.8] 647[373]/661[380]
機械質量F/R(N/cm)[kgf/cm] - -
起振性能 起振力L/H(kN)[kgf] 26.5[2,700]/34.3[3,500] 62[6,300]/69[7,000]
振動数(Hz)[vpm] 55[3,300] 67[4,020]
走行速度(前後進等速)(km/h) 0~7.5/0~10 0~2/0~4/0~6
最小回転半径(m) 4.3 5.1
 
登坂能力(度) 21 19
寸法 全長×全幅×全高(mm) 3,100×1,390×1,705 4,300×1,615×2,795
軸距(mm) 2,300 3,100
締固め幅(mm) 1,300 1,480
カーブクリアランス(mm) 635 705
最低地上高(mm) 280 275
機関 名称 クボタV2203-EDM クボタV3307-DI-T-KDM
形式 4サイクル、4シリンダ、水冷 4サイクル、直噴式、水冷
総工程容積(L) 2.197 3.331
定格出力(kW)[PS] 29.1[39.6] 54.6[74.2]
車輪装置 前輪寸法(直径×幅)(mm) 800×1,300 1,070×1,480
後輪寸法(直径×幅)(mm) 800×1,300 1,070×1,480
タンク
容量
燃料タンク(L) 50 120
散水タンク(L) 310 300×2

外形図

整地道路機械_振動ローラ_SW502-1
  • PRODUCT
  • 商品情報
  • MENU
TOP