PRODUCTS

商品情報

情報化施工機器
  • バックホー 3Dマシンガイダンス

  • 3Dxi

バケット操作を高解像モニタで正確にガイダンス。設計とバケット位置の差を常に確認しながら作業が可能。

情報化施工機器_バックホー3Dマシンガイダンス_3Dxi

GNSSによって得られた位置情報と3次元設計データを融合し、リアルタイムにバケット刃先位置を車載モニタに表示します。オペレータはモニタの表示指示に従って作業するだけで所要の精度が得られます。これにより、作業の高精度化、効率化、オペレータの負担を軽減できます。

特徴

情報化施工機器_バックホー3Dマシンガイダンス_3Dxi

設計通りにバケットを誘導。高効率と高い信頼性を両立します。

・バックホ-に2機のGPS、モニタと4つのチルトセンサを装着することにより、2機のGPSがバックホーの位置と方位角度等の位置隅報を高精度に検出します。設計データ通りの施工が可能となり丁張りや水糸、確認作業員の手間が省けます。

・オペレータは視認性の高い高解像度モニタに表示される設計データとパケット刃先(高さや勾配)の差を確認しながら、容易に設計データ通りの施工を実現します。3Dxiは、縦断カーブ、横断勾配の変移等の作業を容易にします。

・丁張りや水糸の設置が困難な水中の掘削・測位が容易です。水面下等での掘削を行い、且つ掘削の出来形として最終掘削面を記録可能です。また、水面下の目視不能な作業中でも、モニタでパケット位置の確認が可能となります。

情報化施工機器_バックホー3Dマシンガイダンス_3Dxi

オペレ-タの負担を軽減。施工精度も向上します!

表示される設計とバケット位置(高さや勾配)の差を常に確認しながら作業を行えるため、作業負担を大幅に軽減することができます。バケット位置が常にモニタに表示されるため、曲線の多い複雑な形状の掘削や刃先の見えにくい場所での作業においても設計通りの施工を実現します。コスト面・安全面・効率化をサポートします。

仕様

【GNSS受信器】
チャンネル数(ch) 40(GPS+GLONASS)
水平位置精度(mm) ±10+1ppm
動作温度(℃) -20~+55
入力電源(V) DC 4.75~28
消費電力(W) 2.7(最大3.3)
寸法(mm) D240✕W110✕H35
重量(kg) 0.66
【設置モニタ】
入力電源(V) DC 10~30
動作温度(℃) -20~+60
ディスプレイ仕様 840✕480 VGA
データメモリ フラッシュメモリドライブ
操作デバイス タッチパネル(ディスプレイ)
寸法(mm) D127✕W267✕H178
重量(kg) 2.72
  • PRODUCT
  • 商品情報
  • MENU
TOP