サービス部
大宮工場

サービス職小川 翔平

2015年度入社

どんな機械でも直せる
整備士になりたい。

機械をいかに多く在庫しておくかが大事

高校生の時は興味なかったんですが、免許を取ってから車が好きになり、整備の仕事につきたいと思うようになりました。最初は自動車整備の仕事でも就職先を探していましたが、いいなと思える会社がなく、ためしに重機をやってみようかなと目をつけました。いくつか会社を見ましたが、イマギイレは埼玉を拠点に広く展開していますし、地元が好きなので地方転勤のない当社に決めました。今通勤が10分くらいなのですごく楽です。

私の仕事は、レンタルから戻ってきた機械を整備し、いつでも貸し出せる状態にすること。重機などの特殊機械はバイクや車と根本は同じでも、違うところがあって興味が尽きないんです。工場内で機械を動かすのが最初は難しかったです。でも、慣れると大きな機械はダイナミックなので楽しいです。整備は基本一人一台を担当しますが、大きな整備は二人体制でやったり、手に負えない時はメーカーへ修理に出したりします。お客様に貸し出す機械をいかに多く在庫しておくか、それが一番大事なんです。

people03_pic01.jpg

音や触り具合で
違和感を見つけていく

この仕事の一番の醍醐味は、動かない機械が手を加えることで動くようになった時ですね。修理が難しいほど嬉しいんです(笑)。お客様に「変な音がする」って言われても、どこがおかしいのか、なかなかすぐには見つけられない。でも、知識と経験をつんで自分の中で故障診断をできるようにならないといけない。感覚を研ぎ澄ますことが大事ですね。音や触り具合で違和感を見つけていくんです。今も先輩に教わりながら日々勉強中です。早くどんな機械が来ても直せるような整備士になりたいです。

イマギイレには、自分より仕事ができる先輩がたくさんいるので憧がれます。中でも大先輩の工場長は、誰の依頼や相談も断らないのがすごいと思います。それだけ知識と経験が豊富なんですね。私もそんな整備士になりたいと思っています。

people03_pic02.jpg

実際に現場でやる整備は楽しい

学生の時勉強としてやってるとあまり面白くなかったけれど、実際に現場でやる整備は楽しいです。それに自分で稼いだお金を自分で好きなことに使えるのも社会人の楽しみ。僕の場合、給料は車とバイクに飛んでいきます(笑)。毎月ひとつは何かパーツを変えて手を加えますね。1ヶ月に1回それをつけて走りにいくのが趣味です。2ヶ月ほど前にバイクを買ったんですけど、それで友人と日帰りで長野まで行ったりサーキットに走りに行ったりもします。彼女ができたら2台で一緒に走りたいですね。

仕事もプライベートもずっと機械に触ってる感じですが、ぜんぜん飽きないです。このままずっと機械を触っていく人生も悪くないかなぁって思います。機械をいじる以外、取り柄がないというのもありますが……たまに休みの日まで工具触って何やってるんだろうと思いますけどね(笑)。今の状況にかなり満足しています。

people03_pic03.jpg