spe_cont01_top.png

地盤改良(じばんかいりょう)とは、建築物、橋梁等を地盤上に構築するにあたり、安定性を保つため地盤に人工的な改良を加えることです。

基礎地盤の改良工法には、置換工法、浅層混合処理工法(表層改良)、深層混合処理工法(柱状改良)、載荷工法、脱水工法、締固め工法、杭工法(鋼管杭工法・既製コンクリート杭ほか 地盤補強会社独自の工法)などがあります。

代表的工法の特徴


浅層混合処理工法、深層混合処理工法、杭工法(鋼管杭)の違い・特徴

代表的工法の概略

 

「浅層混合処理工法(表層改良工法)」とは?


「浅層混合処理工法」は、主にセメント系の固化材を軟弱な地盤の表土と混合・固化させることで、地盤の強度を向上させる工法です。一般に安定地盤(固い地盤)に 対して柔らかい表層地盤(軟弱地盤)が1~2m程度の浅い層になっている場合に多用されます。

浅層混合処理工法(表層改良工法)とは?


「深層混合処理工法(柱状改良工法)」とは?


「深層混合処理工法」は、主に固化材として混練したセメントミルクを柱状にして土中に注入し、固化材と土が固まってできる柱状の杭(コラム)によって建物の基礎を 支える工法です。軟弱地盤の層が比較的深くまで堆積している場合に多用されます。また、より強固に基礎を支える必要がある場合は、深層の安定地盤にまでコラムを到達 させより大きな支持力を得る場合もあります。

深層混合処理工法(柱状改良工法)とは?


「杭工法(鋼管杭)」とは?


「杭工法」は、強固な鋼管杭を軟弱地盤下の硬い安定地盤にまで貫入させ、建物の基礎を支える工法です。軟弱地盤の層が深く、強固な安定地盤が存在する場合に多用 されます。実際に地盤自体を改良する工法ではありませんが、深層混合処理工法で築造したコラムの芯に鋼管を埋設して、より支持力を増すといった地盤改良も併用した 工法も存在します。

杭工法(鋼管杭)とは?

イマギイレでは、地盤改良工法のうち、主に「浅層(から中層)混合処理工法」「深層混合処理工法」にご利用頂ける地盤改良機械をご用意しております。

イマギイレが取り扱う地盤改良機械をご紹介します。

大容量全自動ミキシングプラント(DM1500)



  • 10トン車での積載・運搬が可能。
  • 短時間で高品質のミルク製造が可能。
  • 2種類の配合パターンを設定可能。
  • カスタム仕様で流動化工法にも対応。
  • ミキサーに点検窓設置で洗浄も容易。
 

DM1500仕様一覧

DM1500寸法図

3連プランジャー式ジェットグラウトポンプ(SG-30)



  • 最大圧送能力:400リットル/min。
  • 脈動が少なく、高流量で安定注入可能。
  • ピストンポンプに比べ、優れた静粛性。
  • 有線リモコンで正確な流量調整が可能。
  • 容易なメンテナンス(グリスアップ・水洗)。
 

SG30仕様一覧

SG30寸法図

各種流体管理商品


流体管理商品一覧

その他関連商品


spe_pic12.jpg spe_pic13.jpg spe_pic14.jpg spe_pic15.jpg

 ★その他、関連機器類のご要望にもお応えします。お気軽にお問合せ下さい。

イマギイレの取り扱い商品が適用できる代表的地盤改良工法の一覧を掲載します。

代表的地盤改良工法とイマギイレ地盤改良機械の適用一覧


代表的地盤改良工法とイマギイレ地盤改良機械の適用一覧表

地盤改良機械の現場稼働事例