spe_cont01_top.png

情報化施工とは、建設施工の生産性向上、品質確保、安全性向上、熟練労働者不足への対応など、建設施工が直面している諸課題に対応するICT(情報通信技術)を活用した施工技術で、国土交通省が普及を進めているものです。

情報化施工の一例

情報化施工とは、具体的にどのような手順で施工を行うのでしょうか。
情報化施工の一つ、ブルドーザマシンコントロールを例にご説明します。

  • GNSS固定局が衛星から位置情報を捕捉します。
  • 固定局の無線機からブルドーザ側の移動局へ情報を送信します。
  • 受信した情報を元にブレードを自動制御します。
  • オペレータはモニタ表示に従い、ブルドーザの操向操作のみを行います。
 

上記の様に、従来のマンパワーに依存する施工方法から情報通信を活用した情報化施工にシフトしていくことで、作業時間の短縮や作業の効率化による現場の負担軽減はもちろん、施工品質の確保や安全性の向上といった様々なメリットが生まれます。さらに、総合評価項目・工事成績への加点も考慮されていますので、技術競争力の強化にも繋がります。

(例えば...)

情報化施工により、ミリメートル単位の設定で土地形状に合わせた表土除去を行うことで、発生土壌量を従来工法より減少させることも可能です。
従来工法と情報化施工による発生土壌量の違い

ICT(情報通信技術)の活用:安全性・品質・施工効率・技術評価・環境負荷・施工精度

情報化施工の利用シーン

 
spe_column_top.gif
イマギイレの総力で情報化施工をバックアップ!

CALS/EC有資格者・測量士・建設機械整備技能士1級資格者で構成する情報化施工推進チームが、導入から運用までトータルに現場をサポートします。

強み1信頼の性能

設計データに従って、すばやく精密に施工!高品質の仕上がりと効率化を同時に実現します。

 

強み2優れた操作性

シンプルで判り易いモニタ表示!使い易く、習得時のストレスもありません。

 

強み3安心の耐環境性能

様々な現場環境に対応!振動や粉塵に強く、雨や雪、極寒や酷暑の現場においても作業可能です。

 

強み4現場の問題解決

現場に適したシステムをご提案!専門知識の豊富なスタッフが使い方を丁寧にサポートします。

spe_column_bottom.gif

情報化施工を実施するメリットをわかり易くご説明します。

従来施工と情報化施工の手順比較


従来工法と情報化施工の手順比較:図面情報から3D-CAD情報へ~丁張り・検測の簡略化

加工精度の向上

3次元設計データをもとに建設機械の作業機を高精度に制御しているので、仕上げ面精度が向上します。オペレータの技術に左右されること無く施工が可能です。

従来の施工   情報化施工
spe_pic02.gif spe_arrow.gif spe_pic03.gif
特定のタイミングでしか検測しない、点での管理であるため、検測位置から外れた場所で許容値から外れることがありました。   連続したデータによる面での管理が実施できるようになるため、許容値から外れることなく精度の高い施工を実施できます。

安全性の向上

あらかじめ入力した3次元データを元に施工するので、建設機械周辺での測量や作業指示、作業補助が削減され、安全に作業が行えます。

従来の施工   情報化施工
spe_pic04.gif spe_arrow.gif spe_pic05.gif
建機の側で作業指示や補助を行う必要があり、接触事故を引き起こすことがありました。   オペレータはあらかじめ入力されたデータをもとに施工できるので、作業指示や補助が不要となり、他のスタッフとの接触事故を防ぐことができます。
spe_column_top.gif
イマギイレの総力で情報化施工をバックアップ!

CALS/EC有資格者・測量士・建設機械整備技能士1級資格者で構成する情報化施工推進チームが、導入から運用までトータルに現場をサポートします。

強み1信頼の性能

設計データに従って、すばやく精密に施工!高品質の仕上がりと効率化を同時に実現します。

 

強み2優れた操作性

シンプルで判り易いモニタ表示!使い易く、習得時のストレスもありません。

 

強み3安心の耐環境性能

様々な現場環境に対応!振動や粉塵に強く、雨や雪、極寒や酷暑の現場においても作業可能です。

 

強み4現場の問題解決

現場に適したシステムをご提案!専門知識の豊富なスタッフが使い方を丁寧にサポートします。

spe_column_bottom.gif

イマギイレが取り扱っている情報化施工機器をご紹介します。

ブルドーザやバックホーなどのマシンガイダンス技術

バックホー 3Dマシンガイダンス/3Dxi

【技術概要】

GNSS(衛星を利用した測位手法の総称)とセンサなどの組み合わせで、建機・作業装置の位置・標高を取得後、設計データとの差分を算出してオペレータに提供する技術。

【導入効果】

施工の効率化(丁張レスなど)、出来形・品質の確保

【対象工種】

河川・道路土工(敷均し・締固め、掘削、法面整形)

【関連商品情報】

 

バックホー 3Dマシンガイダンス/3Dxi事例

施工事例:調整池築堤工事(バックホー 3Dマシンガイダンス:右写真同じ)

グレーダやブルドーザなどのマシンコントロール技術(敷均し)

【技術概要】

TS(トータルステーション)やGNSS、もしくは回転レーザを用いて、建設機械の作業装置の位置・標高をリアルタイムに取得し、設計データとの差分に基づき制御データを生成し、作業装置を制御する技術。

【導入効果】

施工の効率化(丁張レスなど)、出来形・品質の確保

【対象工種】

道路土工(掘削)、舗装工(路盤工、アスファルト舗装)

【関連商品情報】

ブルドーザ マシンコントロール/3Dxi
 
 

ブルドーザ マシンコントロール/3Dxi事例

施工事例:河川堤防築堤工事(敷均し:右写真同じ)

ローラの軌跡管理による面的な品質管理技術(締固め)

ローラ 締固め管理システム/iRollerCE

【技術概要】

GNSSやTSで建機の位置を取得し、平面上に設けたメッシュ毎に締固め回数をカウントし、試験施工で確認した規定回数との差を、オペレータに提供する技術。

【導入効果】

締固め回数の不足や締固めのムラを無くす技術品質の確保

【対象工種】

道路土工(締固め)、舗装工(路盤工)

【関連商品情報】

 

ローラ 締固め管理システム/iRollerCE事例

施工事例:高速道路IC造成工事(締固め:右写真同じ)

ブルドーザなどによる面的な品質管理技術(厚さ)

【技術概要】

GNSSを用いて、建設機械の作業装置の位置・標高をリアルタイムに取得し、前層との差分に基づく面的な厚さや数量を提供する技術。

【導入効果】

施工の効率化、出来形・品質の確保

【対象工種】

土工(盛土工:敷均し、締固め)

【関連商品情報】

ブルドーザ 締固め管理システム/iDozerCE
 
 

ブルドーザ 締固め管理システム/iDozerCE事例

施工事例:高速道路IC造成工事(敷均し:右写真同じ)

振動ローラの加速度応答による面的な品質管理技術(強度)

【技術概要】

GNSSで建機の位置を、加速度計で入力振動に対する加速度応答を取得し、加速度応答の特性変化を算出・オペレータへ提供することで締固め品質を確保する技術。

【導入効果】

不要な締固め作業を排除による施工の効率化、面的な品質管理による品質の確保

【対象工種】

道路土工(締固め)、舗装工(路盤工、アスファルト舗装)

【関連商品情報】

 
spe_column_top.gif
イマギイレの総力で情報化施工をバックアップ!

CALS/EC有資格者・測量士・建設機械整備技能士1級資格者で構成する情報化施工推進チームが、導入から運用までトータルに現場をサポートします。

強み1信頼の性能

設計データに従って、すばやく精密に施工!高品質の仕上がりと効率化を同時に実現します。

 

強み2優れた操作性

シンプルで判り易いモニタ表示!使い易く、習得時のストレスもありません。

 

強み3安心の耐環境性能

様々な現場環境に対応!振動や粉塵に強く、雨や雪、極寒や酷暑の現場においても作業可能です。

 

強み4現場の問題解決

現場に適したシステムをご提案!専門知識の豊富なスタッフが使い方を丁寧にサポートします。

spe_column_bottom.gif