i-Construction
トータルサポートサービス

国土交通省が強力に推進する「i-Construction」
株式会社イマギイレでは、
お客さまのi-Constructionの導入を
トータルサポートいたします。

国土交通省が強力に推進する「i-Construction」株式会社イマギイレでは、お客さまのi-Constructionの導入をトータルサポートいたします。

i-Constructionとは?

建設現場の測量・設計から、施工、さらにそれらの管理にいたる全工程において、「ICTの全面的な活用(ICT活用工事)」等の施策を導入することで、建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す、国土交通省が推進する取組です。

i-Construction 3つの柱

  • 1
    ICT技術の全面的な活用(ICT土工)重要施策
  • 2
    コンクリート工の規格の標準化
  • 3
    施工時期の平準化

参照:国土交通省i-Construction委員会報告書 概要資料

ICT土工=ICT活用工事とは

ICT活用工事とは、施工プロセスの各段階においてICTを全面的に活用する工事であり、
入札公告・説明書と特記仕様書に明示したものが対象となります。

1
調査測量
  • icon_sec01_pic01.jpg
  • 3次元起工測量

    起工測量において、空中写真測量(無人航空機)、レーザースキャナー、その他の3次元計測技術により、3次元測量データを取得するために測量を行います。

2
設計施工計画
  • icon_sec01_pic02.jpg
  • 3次元設計データ作成

    発注図書や3次元起工測量で得られたデータを用いて、3次元出来形管理を行うための3次元設計データを作成します。

3
施工
  • icon_sec01_pic03.jpg
  • ICT建設機械による施工

    3次元設計データ作成で得られた3次元設計データまたは施工用に作成した3次元データを用いてICT建設機械での施工を行います。

4
検査
  • icon_sec01_pic04.jpg
  • 3次元出来形管理等の施工管理

    ICT建設機械による施工により施工された工事完成物について、空中写真測量(無人航空機)、レーザースキャナー、その他の3次元計測技術を用いて出来形管理を実施。また、TS・GNSSによる締固め回数管理技術を用いた品質管理を行います。

5
納品
  • icon_sec01_pic05.jpg
  • 3次元データの納品

    3次元出来形管理等の施工管理により確認された3次元施工管理データを工事完成図書として納品します。

ICT土工=ICT活用工事とは

対象工種
  • 河川土工、砂防土工、海岸土工
    掘削工、盛土工、法面整形工

  • 道路土工
    掘削工、路体盛土工、路床盛土工、法面整形工

対象工事
  • 土工(対象工種)を含む「一般土木工事」

発注方式
  • 発注者指定型
    発注者の指定によって「ICT活用工事」を実施する場合、別途定める「ICT活用工事積算要領」により、必要な経費を当初設計で計上します。

    ⅰ)総合評価で評価項目とする
    総合評価段階で希望(提案)する→施工者希望Ⅰ型
    ※(特例措置)入札は従来施工の費用→希望(提案)業者が受注した場合、契約締結後に必要な経費を変更計上します。

    ⅱ)総合評価で評価項目としない
    契約後に希望(協議)する→施工者希望Ⅱ型

調査・測量・設計
  • UAVを用いた公共測量マニュアル(案)新規

    参照する
  • 電子納品要領(工事及び設計)改訂

    参照する 参照する
  • 3次元設計データ交換標準(同運用ガイドラインを含む)新規

    参照する
施工
  • ICTの全面的な活用の実施方針新規

    参照する
  • 土木工事施工管理基準(案)(出来形管理基準及び規格値)改訂

    参照する
  • 土木工事数量算出要領(案)
    (施工履歴データによる土工の出来高算出要領(案)を含む)新規改訂

    参照する 参照する
  • 土木工事共通仕様書 施工管理関係書類(帳票:出来形合否判定総括表)新規

    参照する
  • 空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)新規

    参照する
  • レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案) 新規

    参照する
検査
  • 地方整備局土木工事検査技術基準(案)改訂

    参照する
  • 既済部分検査技術基準(案)及び同解説改訂

    参照する
  • 部分払における出来高取扱方法(案)改訂

    参照する
  • 空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)新規

    参照する
  • レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)

    参照する
  • 工事成績評定要領の運用について改訂

    参照する

イマギイレの

トータルサポート

イマギイレは、豊富な情報化施工対応実績と、高度な技術力を有したパートナー企業との協力体制により、
i-Constructionを推進されるお客様の現場を強力にサポートします!

イマギイレのi-Constructionサポート体制 イマギイレのi-Constructionサポート体制

イマギイレのでは数々の実績を元に、独自のi-construction導入時のチェックポイントを定め、
これらを全てクリアするサポート体制を構築しています!

【UAV】
  • ・安全面への配慮が必要となる。
  • ・空中写真の重複度は同一コース内の隣接空中写真間で90%以上、隣接コースの空中写真間で60%以上とする。
  • ・測定精度は10cm以内とし、計測密度は0.25㎡(50cm×50cmメッシュ)あたり1点以上。
  • ・標定点は4級基準点及び3級水準点と同等の測量方法により計測する。
【3DLS】
  • ・モニタ監視者、機体監視者、保安員、現場班長、操縦者が必要。
  • ・標定点は4級基準点及び3級水準点と同等の測量方法により計測する。
  • ・測定精度は10cm以内とし、計測密度は0.25㎡(50cm×50cmメッシュ)あたり1点以上。
  • ・出来形管理の基データになる。
  • ・3次元設計データ作成ソフトを用いて設計図書、基準点設置結果及び3次元起工測量に基づき3次元設計データを作成し、照査する。
  • ・設計図書(平面図・縦断図・横断図等)や線形計算書等を基に3次元設計データを作成する。
  • ・出来形管理の基となるデータ。
  • ・3次元設計データのICT建機用データ変換作業。
  • ・ICT建機用データ入力精度、補正制度の確保。
  • ・キャリブレーション精度の確保。
【UAV】
  • ・4級基準点及び3級水準点と同等以上の精度が得られる計測方法をとる。
  • ・標定点は外部標定点として撮影区域外縁に100m以内の間隔となるよう設置する。
  • ・標定点は内部標定点として天端に200m間隔程度を目安にする。
  • ・計測性能:地上画素寸法が1cm/画素以内、測定精度が±5cm以内。
  • ・出来形測定データは0.01㎡(10cm×10cmメッシュ)以上、出来形評価用データとしては1㎡あたり1点以上の点密度を確保する。
  • ・測点管理から面管理へ対応。
【3DLS】
  • ・出来形計測は最も入射角が低下する箇所で100c㎡(10cm×10cmメッシュ)あたり1点上の計測結果が得られる設定を行う。
  • ・出来形評価用データは1㎡あたり1点以上の点密度を確保する。
  • ・出来形評価用データのうち99.7%が個々の設計値を満たさなければならない。
  • ・測定精度:計測範囲内で±20mm以内。
  • ・測点管理から面管理への対応。
  • ・出来形管理基準上の管理項目の計算結果と出来形の良否の評価結果、及び設計面と出来形評価用データの各ポイントの離れを評価範囲の平面上にプロットした分布図(ヒートマップ)にて明示します。

i-Construction

対応メニュー

  • 測量

    icon_sec03_pic01.jpg

    起工測量/出来形管理に対応した測量システムをご用意。所要測定精度を確保した無人航空機(UAV)による空中写真測量や3Dレーザースキャナーで、点群データの取得から3次元設計データ/出来形ヒートマップの作成をフォローします。

  • 出来形管理

    icon_sec03_pic02.jpg

    3次元設計データと出来形評価用データを出来形帳票作成ソフトを用いてヒートマップ・管理図表の作成を実施またはサポートします。

  • 3次元設計データ作成

    icon_sec03_pic03.jpg

    信頼性の高い3次元設計データ作成ソフトウェアを使用し、設計図書・基準点設置結果と3次元起工測量データに基づく3次元設計データの作成・照査を実施またはサポートします。

  • ICT建機

    icon_sec03_pic04.jpg
    インテリジェントマシンコントロール
    セミオートMCバックホー PC200i-10
    NETIS登録番号:KT-150096-A
    作業機操作のセミオート化を実現した世界初のマシンコントロールバックホー!

    アーム操作した際に、バケットが設計面に沿って動くように自動でブームが上昇。粗掘削作業では設計面を気にすることなく作業が行え、仕上げ作業ではアームレバー操作のみで作業が可能です。さらに、ブーム下げ操作を入れておくことで施工範囲が広がります。

    製品の詳細はこちら
  • ICT建機

    icon_sec03_pic05.jpg
    インテリジェントマシンコントロール
    全自動ブレード制御MCブル D37PXi-23
    NETIS登録番号:KT-140091-A
    作業条件に合わせて車両を最適に制御するドージングモードとブレード負荷モードを搭載

    常に抱えられる最大の土量で効率よく施工できる自動ブレード制御機能を搭載。ブレード負荷の増大にあわせ、シュースリップが起きないように自動でブレードを上げ負荷をコントロールしてくれます。

    製品の詳細はこちら
  • 情報化施工システム

    icon_sec03_pic06.jpg
    バックホー3Dマシンガイダンス

    GNSS(衛星を利用した測位手法の総称)とセンサなどの組み合わせで、建機・作業装置の位置・標高を取得後、設計データとの差分を算出してオペレータに提供する技術。

    製品の詳細はこちら
  • 情報化施工システム

    icon_sec03_pic07.jpg
    ブルドーザマシンコントロール

    TSやGNSSを用いて建設機械の作業装置の位置・標高をリアルタイムに取得し、設計データとの差分に基づき制御データを生成し、作業装置を制御する技術。

    製品の詳細はこちら
  • 情報化施工システム

    icon_sec03_pic08.jpg
    ブルドーザ3Dマシンガイダンス

    GNSS やTS で建機の位置を取得し、平面上に設けたメッシュ毎に締固め回数をカウントし、試験施工で確認した規定回数との差を、オペレータに提供する技術。

    製品の詳細はこちら
  • 情報化施工システム

    icon_sec03_pic09.jpg
    締固め管理システム(ブルドーザ・ローラ)

    GNSS やTS で建機の位置を取得し、平面上に設けたメッシュ毎に締固め回数をカウントし、試験施工で確認した規定回数との差を、オペレータに提供する技術。

    ブルドーザの詳細はこちら
    ローラの詳細はこちら
  • 情報化施工システム

    icon_sec03_pic10.jpg
    NETIS登録番号:KT-150096-A

    i-Constructionへの対応をリードするコマツが推進するオープンプラットフォーム「KomConnect(コムコネクト)」。i-Constructionで使用するすべての現場情報を一元管理し、リアルタイムの情報や過去の蓄積データもいつでも活用可能。現場の「見える化」を実現します。※「KomConnect(コムコネクト)」はコマツの登録商標です。