エコミスト & クールファン
  • 夏の暑さを霧〈ミスト〉で乗り切れ!
  • 業務用ミスト噴霧器・冷風機 レンタルサービス エコミスト & クールファン
  • 暑い夏は熱中症にご用心!
    ニュースなどで当たり前のように見聞きするようになった熱中症。
    夏の暑さで体温を調節する機能が狂ったり、
    体内の水分や塩分のバランスが崩れることで起こる症状です。
    エコミストやクールファンは、
    霧〈ミスト〉や水の力で周囲の気温を下げて
    熱中症の予防に貢献します!
夏の暑さを霧〈ミスト〉で乗り切れ!
業務用ミスト噴霧器・冷風機 レンタルサービス エコミスト & クールファン
エコミスト & クールファン
暑い夏は熱中症にご用心!
近年よくニュースなどで見聞きするようになった熱中症。
夏の暑さで体温を調節する機能が狂ったり、
体内の水分や塩分のバランスが崩れることで起こる症状です。
エコミストやクールファンは、
霧〈ミスト〉や水の力で周囲の気温を下げて
熱中症の予防に貢献します!

エコミストとは?

エコミスト

水は蒸発するときに周りのものから熱を吸収します。
この性質を利用し、蒸発しやすい細かな水=霧〈ミスト〉を噴霧して蒸発させることで周りの温度を下げるのがエコミストの仕組みです。
大量の水を広範囲に散布できるため、広い範囲の空気を冷やす*ことができます。
性質上、屋外でのご利用に適しています。

*およそ3℃~5℃程度、温度を下げる効果が見込めます。

エコミストの特長

優れた節電性能

優れた節電性能

コンプレッサー式の一般的な冷房装置に比べ、消費電力が少ないことが最大のメリットです。エアコンの使えない屋外に最適なのはもちろん、工場・体育館・ホールなどの広い屋内では、エアコンの運転を抑え、節電対策用の補助クーリング装置としてご活用いただけます(屋外使用でも最大で6℃の気温低減効果が確認されています)

飲料水と同等の水質の霧

飲料水と同等の水質の霧

「給水装置の構造及び材質の基準に関する省令」第二条(浸出等に関する基準)【厚生労働省】に適合した計量証明を得ていますので、安心してミストを噴霧できます*
*上水(水道水)をご使用の場合。

見た目の涼しさ

見た目の涼しさ

「ミスト=水=冷たい」イメージで、視覚的にも涼しさが感じられます。この「見える涼しさ」を演出することで、さわやかな空間を創出いたします。

臭い・粉塵対策

臭い・粉塵対策

暑さ対策以外にも、臭いの元にもなる細かな塵や埃を濡らし、飛散する前に落下させることで臭い・粉塵対策にもご利用いただけます。

エコミスト製品ラインナップ

エコミストファンタイプ 可搬式微細水ミスト噴霧装置
エコミストファンタイプ
ミストを噴霧し、気化熱によって周囲の温度を3~5℃下げる機械です。首振り送風ファン付きなので、広範囲に噴霧することができます。また、水タンクを搭載しているので、水源がない場所でも、100V電源があれば置き場所を選びません。 ゴルフ場や学校などで、熱中症対策にご利用いただけます。
エコミストシステムタイプ 配管式微細水ミスト噴霧装置
エコミストシステムタイプ
装置本体に、ミストノズルを5個から最大64個まで設置できるチューブを接続し、ピンポイントから広範囲まで冷却したい場所に合わせて自由にミストを噴霧できる装置です。水道直結型のため、給水の手間がかかりません。熱中症対策だけでなく、粉塵対策やイベントの演出等にもご利用いただけます。
カートミスト ゴルフカート用簡易ミスト噴霧装置
カートミスト
2ℓの飲料水ペットボトルを水源&水タンクとして扱う、簡易システムタイプのゴルフカート専用エコミストです。プッシュ式ボタンスイッチで、カートのキャノピーに取り付けた4ヶ所のノズルから、1プッシュ毎に30秒間ミストを噴霧します。ゴルフカートが熱中症からプレイヤーを守ります。

クールファンとは?

クールファン

装置内で水を気化させ、冷気を送風する機械です。エコミストと異なり、ミストを噴霧するのでは無く、水で冷やした空気を送風するため直接濡れないという特長があります。
水タンク一体型なので、水源が無くても100V電源がある場所であれば屋内外を問わずご活用いただけますが、特に体育館や工場などの広い屋内空間でのピンポイントなクールダウンに効果を発揮します。
電気消費量もわずかなので、エアコンなどの空調との併用で電力のピークカットが図れ、電力基本料金の削減につながります。

クールファンの特長

優れた経済性

優れた経済性

1ヶ月あたりの電気代がスポットエアコンと比して約80%節約できます*

クールファン小型 ・・・ 約500円
クールファン中型 ・・・ 約1,000円
クールファン大型 ・・・ 約2.000円
100Vスポットエアコン ・・・ 約4,600円

*1日8時間、月22日稼動、26円/kwhで試算。

CO2削減に貢献

CO2削減に貢献

CO2排出量が控えめのため、同規模の冷却装置と比較した場合の1ヶ月あたりのCO2排出量の削減が期待できます*

クールファン小型 ・・・  6.6kg-CO2
クールファン中型 ・・・ 15.3kg-CO2
クールファン大型 ・・・ 31.5kg-CO2
100Vスポットエアコン ・・・ 86.4kg-CO2

*平成27年度東京電力(株)排出係数(環境省公表)0.491kg-CO2/kwhにて算定。

クールファン製品ラインナップ

  • クールファン製品ラインナップ
  • 可搬式気化式冷風機
    クールファン
    装置内で水を気化させ、冷気を送風する機械です。水が蒸発するときの気化熱のみで冷却しますので、わずかな消費電力で、体に優しい自然の涼しさが得られます。 全館空調では効率の悪い、体育館や工場などの広い空間で、局所的な冷却効果を得たい場合に最適です。

導入事例

イベント会場や商業施設をはじめ、学校や建設現場など
さまざまな場所やシーンでご利用いただいています!

    学校での利用事例
  • 学校(東京都杉並区)
    設置場所 校庭
    設置機種:台数 エコミスト ファンタイプ:5台
    設置理由 生徒の熱中症対策のため
    ご利用後の感想 毎年使用しており、なくてはならない存在です。生徒や保護者からの評判もよく、熱中症対策としてピッタリの商品だと思います。
    (談:体育教師様)

    教習所での利用事例
  • 教習所(栃木県小山市)
    設置場所 教習場内
    設置機種:台数 エコミスト ファンタイプ:3台
    設置理由 熱中症対策
    ご利用後の感想 熱中症対策として導入しました。受講生の評判も良いようです。また、移動が容易である為、講義内容によって設置場所を移動させることができることもプラスです。

    飲食店での利用事例
  • 飲食店(東京都渋谷区)
    設置場所 テラス
    設置機種:台数 エコミスト ファンタイプ:2台+クールファン小型1台
    設置理由 お客様への暑さ対策
    ご利用後の感想 毎年暑さ対策で屋外に機械を設置し、お客様から好評の声を頂いています。当店の売りでもある広々としたテラス席は夏場かなり暑い為、屋外での食事はほとんどしていなかったですが機械を設置してからお客様には快適に食事をして頂いています。
    (談:店長様)

    屋外での利用事例
  • 遊園地(埼玉県加須市)
    設置場所 園内
    設置機種:台数 エコミスト システムタイプ:5台
    設置理由 イベントのため
    ご利用後の感想 2014年より『ミストロード』と名して、夏季時恒例のイベントとなっております。見た目のインパクトもさることながら、来場者様からは「涼しい」といった声も頂戴し、涼める場所としても好評を得ています。

    ゴルフ練習場での利用事例
  • ゴルフ場(神奈川県横浜市)
    設置場所 ゴルフ練習場打席
    設置機種:台数 エコミスト システムタイプ:1台
    設置理由 暑さ対策として
    ご利用後の感想 暑さ対策としてミストは快適に使用させていただいてます。スポットクーラーの設置が難しかった経緯があり、ミストは夏らしい涼しさを感じることできるため若いプレイヤーから年配の方までたいへん評判です。

    体育館での利用事例
  • 学校(東京都杉並区)
    設置場所 体育館
    設置機種:台数 クールファン 中型:2台
    設置理由 部活動を行う生徒への熱中症対策
    ご利用後の感想 体育館での熱中症対策として導入しました。空調が効きづらい体育館での対策には苦慮していたのですが、涼しさを実感でき、感謝しております。

工場(群馬県伊勢崎市)
設置場所 工場内
設置機種:台数 エコミスト ファンタイプ:1台
設置理由 夏の暑さ対策
ご利用後の感想 工場での作業用で導入致しました。砂や埃等が少なからず舞う現場ですが、暑さ対策だけではなく粉塵対策としても効果が有るとのことで、職場の環境改善に役立っていると感じております。休憩時にはミストを直接浴びて涼むなど、夏場には欠かせない商品になっているかと思います。
ディーラー(広島県広島市)
設置場所 自動車整備場
設置機種:台数 クールファン 大型:1台
設置理由 従業員の熱中症対策
ご利用後の感想 物は試しと導入してみたところ非常に良い商品で驚きました。ミスト噴霧器の提案もいただきましたが、金属部品や電子部品を多く扱っているためこちらのクールファンを選びました。来シーズンの使用も前向きに検討しています。
飲食店(東京都中央区)
設置場所 屋外入口付近
設置機種:台数 クールファン 中型:1台
設置理由 ランチタイム時に出来る並びに対しての暑さ対策の為
ご利用後の感想 ランチタイム時はかなり行列が出来、日によっては営業時間外から並んでしまう為、お客様への暑さ対策として導入致しました。最初は機械が大きく、置き場所等も考えながら検討していましたが、実際に試して効果があると感じたので導入させて頂きました。行列が出来てしまうと日陰に入れるお客様も限られてしまう為、そこに入れない方用としてかなり重宝しております。
ゲームセンター(東京都豊島区)
設置場所 店内・店外入口付近
設置機種:台数 クールファン 中型:1台+クールファン 大型:1台
設置理由 夏場の暑さ対策
ご利用後の感想 夏場の暑さ対策として導入させて頂きました。機械を動かすことが簡単なので、イベントがあった際はそちらのスペースに動かしたり、空調が故障した際はそちらに置いて稼働させるなど、かなり使い勝手が良かったかと思います。当初はお客様向けでの導入を検討しておりましたが、従業員の受けも良く、お店に関わる全ての方に向けて快適な空間を作る為に夏場は欠かせないかと思っております。
幼稚園(栃木県)
設置場所 教室内
設置機種:台数 クールファン 小型:6台
設置理由 夏場の暑さ対策
ご利用後の感想 空調が無い部屋も有り、園児と従業員の暑さ対策として導入致しました。熱中症対策としてかなり役立ったと感じております。ファンの部分はカバーもちゃんとついており、園児が悪さをする心配も無く運用出来たかと思います。台数が多い為、給水は大変ですが効果面・安全面どちらも満足して使用させて頂きました。今後も空調では足りていない部分で利用させて頂ければと思います。

利用シーンを動画で見る

  • 行楽施設
    行楽施設
  • イベント会場
    イベント会場
  • 商業施設
    商業施設
  • 教育施設
    教育施設
  • 工場・倉庫
    工場・倉庫
  • 建設現場
    建設現場
  • 行楽施設
    行楽施設
  • イベント会場
    イベント会場
  • 商業施設
    商業施設
  • 教育施設
    教育施設
  • 工場・倉庫
    工場・倉庫
  • 建設現場
    建設現場

気化冷却とは?

気化冷却とは
エコミストやクールファンの冷却原理となるのが「気化冷却」という仕組みです。 気化冷却とは、水などの液体が気化するときに、周囲のものの熱を奪うことで奪われた側の熱量を低下させる、つまり温度を下げるという物理現象を利用した冷却方法のことです。 これは、気温が上がると人は汗(水分)を蒸発させて体の表面温度(皮膚温)を下げ、体温の上昇を防ごうとするのと同じ仕組みで、自然界には当たり前のように存在する冷却原理なのです。 人は古くからこの気化冷却の仕組みを「涼む」ことに積極的に利用しており、地面に水を撒く「打ち水」などはその代表例といえるでしょう。

気化冷却の利点

現在「冷房装置」の主役ともいえるエアコンは機械的に冷気を”強制的に作り出す”装置で、「コンプレッサーを使って冷媒ガスを圧縮する」などの機械的動作に、気化冷却以上の電気エネルギーを消費します。とはいえ、ほぼ何時でも涼しい空気を作り出せるエアコンは非常に便利な装置で、現代の生活に無くてはならない必需品といえるでしょう。
それに対し、気化冷却は自然の原理で空気を冷やすために、冷却効果はそのときの温湿度や日射の影響に大きく左右され、過度の気温低減効果は望めません。また、エアコンと違って「水」を供給しなければならない手間もあります。しかし、もちろん気化冷却ならではの利点もあります。
気化冷却の利点
1

エアコンに比べ非常に電気エネルギーの消費が少ない=運転するための電気代が安いと言えます。
※一概には比較できませんが、条件によっては同じ冷却効果を得るためにエアコンの1/10の電気代しか消費しないともいわれています。

気化冷却の利点
2

冷房効率を考えると、一般にエアコンは屋内での使用を前提とした装置です。 対して、気化冷却は屋外でも効果を発揮しますし、エコミストなど水噴霧式の装置にいたってはむしろ屋外の冷却を意図して作られた冷房装置です。

気化冷却の利点
3

冷却効果が環境条件で左右されるということは、過度の「冷えすぎ」を抑え健康的な涼しさを得ることができる、体に優しい冷房装置ともいえます。

熱中症対策の重要性が叫ばれて久しい昨今、運動時や作業時をはじめ、暑熱環境下の屋外での熱中症予防が特に重要視されています。屋内はエアコン、屋外は気化冷却装置といった体温上昇を避ける手段をうまく使いわけ、屋内外を問わず熱中症に掛からない対策を取ることが重要といえるでしょう。
また、屋内であっても電気エネルギーの消費が少ない気化冷却装置を活用すれば、電気代を安く抑えることができますので、エアコンとの併用によるピークカットなど、省エネルギーやCO2削減にも貢献します。 このように、気化冷却は必ずしも「万能な冷房装置」ではありませんが、使い方によって非常に「便利な冷房装置」に成り得る仕組みを持っているのです。

熱中症対策の重要性

熱中症対策の重要性
厚生労働省によれば、熱中症とは「高温多湿な環境下において、体内の水分と塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称。めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐(おうと)・倦怠(けんたい)感・虚脱感、意識障害・痙攣(けいれん)・手足の運動障害、高体温などの症状が現れる。」としています。 この厚生労働省の定義で示されている「体内の調整機能が破綻する」状態に至らせない手段として、水分や塩分補給とともに「高温多湿な環境」にいることを避けることが、熱中症予防の上で重要な鍵となります。
しかし、特に屋外では「高温」を避けることが難しい状況が多く、日陰や送風機(扇風機)を使って体温上昇を防ぐ(涼む)くらいが一般的ではないでしょうか。屋外で熱中症にかかってしまう事例の多くは、作業中や運動中など、意図的に「涼む」ことができなかったり、涼める時間が少なかったりする場合だと考えられます。また、作業中や運動中といった代謝量(体を動かすために必要な「エネルギー量=熱量」)が多く消費される状態では、より体温が上昇しやすくなっており、熱中症にかかる危険と共に重症化の恐れもあります。 このように、屋外での活動状況によっては熱中症の危険性が高くなるため、より積極的に「高温多湿な環境」を緩和する努力が必要になります。

屋外の熱中症対策は気化冷却が効果的

気化冷却は、空気の熱を吸収して気温を下げる原理を用いていることから、気温が高いほど効果的に冷却効果を得ることができます。 もちろん、水を蒸発させますから、空気中の水分量も上昇させ「多湿」状態を作り出すことになりますが、開放された屋外や大空間施設では、空気中の水分(=水蒸気)は拡散され、多湿といえる範囲は限定的となります。
もともと自然の原理を利用して気温低減効果を得る気化冷却は、前述のように電気エネルギーの消費を抑えながら、積極的に高温環境を緩和させる手段として非常に有効な手段といえます。 たとえ数℃の違いであっても、場合によっては熱中症の危険が回避される可能性もあります。是非、熱中症予防/対策の手段として、エコミストやクールファンといった、気化冷却を行う機器を利用した暑熱緩和の手段を検討してみてください。
スーパー前での使用例
屋外での使用例
体育館での使用例
クリーンミスト
乾燥・インフルエンザ対策に
ただものではない加湿力
Clean Mist
クリーンミスト
  • 「設置するまで時間がかかるのはいやだ…」という方へ

    イマギイレなら工事不要ですぐにご利用いただけます!

  • 「実際、置いてみないとわからない…」という方へ

    イマギイレなら無料でデモンストレーションできます!

    ※地域によっては運送料をいただく場合がございます。

  • 「シーズンを過ぎた後の手入れが面倒…」という方へ

    イマギイレならレンタル終了後そのまま返却できます!

 
TOP